月別アーカイブ: 2013年12月

第5回「葉酸たまご甲子園」結果報告4

準優勝2等を獲得した兵庫県立大学チームからのメッセージ

110903

 今回、私たち兵庫県立大生は日本の大学生チーム代表として出場しました。今までのたまご甲子園とは違い、今回は韓国で開催されるとのことで、どんな料理を出すか悩みました。
何度も試作をし、様々な料理を作りましたが、やはり卵を使う和食を知ってもらおうと思い、私たちがアレンジを加えたオリジナルの和食(「日本からのお・も・て・な・し」)にしました。
今までより参加チームが多く様々なジャンルの料理があり、入賞は難しいと思っていましたが、2位に入賞することができ、本当にうれしかったです。
料理大会以外にも大井先生の講演も私たちにとってとても有意義な時間となり、葉酸の重要性を再認識することができました。また、参加していた韓国の大学生チームとの交流もでき、本当に良い経験となりました。

なお、第6回目のたまご甲子園は、2014年6月に日本ビタミン学会第66回大会のサテライトイベントとして姫路で開催します。
また、斬新なアイデア溢れた葉酸たまご料理をご期待ください!

第5回「葉酸たまご甲子園」結果報告3

 審査の結果、優勝は『春巻きカップたまご蒸し』・『エッグアンドチップス』を作った夫婦で参加されたホマムホファチームが獲得し、優勝賞品として黄金10屯相当の黄金たまごが贈られました。
 準優勝2等には、兵庫県立大チームの『日本からのお・も・て・な・し』が、準優勝3等は『たまごチャプチェ』など3チームが選ばれました。

110904

 なお、本大会の模様は11月27日付、韓国大手新聞社「朝鮮日報」に大井会長の葉酸の必要性を訴える内容と共に掲載されています。

20131127

その4