月別アーカイブ: 2011年9月

第3回「葉酸たまご甲子園」結果速報

入賞レシピと葉酸たまごを、東京都助産師会を通じて被災した妊婦さんに提供し、エールを送る
大妻女子大学チーム初優勝!!

 一般社団法人 葉酸と母子の健康を考える会(京都市西京区)は、元気な赤ちゃんを産むために大切な栄養素「葉酸」の役割を多くの女性に知っていただこうと、女子学生たちが献立、調理法を工夫し、葉酸たっぷりの食事を摂ってもらえる葉酸たまご料理を競う、第3回「葉酸たまご甲子園」をベターホーム渋谷教室にて実施いたしました。

 コンテストは、”葉酸たまご”を生かした料理で、1日の葉酸摂取量=480μg(マイクログラム)以上(妊婦1日推奨摂取量、2010年改訂)に貢献できるような料理を、奈良女子大学、お茶の水女子大学、大妻女子大学、日本女子大学、東京家政大学、聖徳大学の6大学8チームで競いました。

 葉酸含有量・アイデア・インパクト・手軽度(料理しやすさ)および味などを総合審査した結果、大妻女子大学「妻っ娘☆」チームの『和っ葉っはごはん』が優勝しました。
また、お茶の水女子大学「Ms.chakos」チームの『「葉風」ランチプレート』が準優勝、日本女子大学「NOKN」チームの『♪たいようさんさんイタリアン♪』 が審査員長特別賞を獲得いたしました。

 今回入賞したレシピを葉酸たまごと共に、東京都助産師会が主催する「東京里帰りプロジェクト」を通じて、東日本大震災で被災された妊婦さんに提供させていただきます。

第3回「葉酸たまご甲子園」開催

東西6大学対抗 料理の熱闘甲子園!
第3回「葉酸たまご甲子園」開催

~妊娠・出産に大切な栄養素「葉酸」たっぷりのたまご料理を競う~

 一般社団法人 葉酸と母子の健康を考える会(京都市西京区)では、元気な赤ちゃんを産むために大切な栄養素「葉酸」の役割や効能について広く情報を発信するために、葉酸認知度調査・各種セミナーやイベントなどを実施しています。
この活動の一環として、これから子供を産み育てる年齢層の女性に葉酸摂取をより身近に感じて貰い、葉酸たっぷりの食事を摂ってもらうためのレシピ提案として、大学で栄養学を学ぶ女子学生による葉酸たまごの料理コンテスト「葉酸たまご甲子園」を毎年開催しています。
コンテストは、“葉酸たまご”を生かした料理で、1日の葉酸摂取量=480μg(マイクログラム)以上(妊婦1日推奨摂取量)に貢献できるような料理を競います。1チーム3名で、調理を行ない、葉酸含有量・アイデア・インパクト・手軽度(料理しやすさ)および味などを総合審査します。
今回、さらにこの活動を広く伝えるために、初めて東京にて開催いたします。第1、2回と連覇優勝している奈良女子大学を迎え撃つのは、数々の料理イベントでライバルとして対決してきたお茶の水女子大学を筆頭に、大妻女子大学、日本女子大学、東京家政大学、聖徳大学の5大学7チームです。
栄養学を学ぶ女子大生が、もう一つの熱闘甲子園をくりひろげます。

場所:ベターホーム渋谷教室(渋谷区渋谷1-15-12)
実施日期: 2011年9月5日(月)
主催:一般社団法人葉酸と母子の健康を考える会
後援:JA全農たまご株式会社、株式会社ファーマフーズ、株式会社明治、森下仁丹株式会社、フード・アクション・ニッポン推進本部

進行予定
9:30~ 受付開始
10:00~10:30 開会式・選手宣誓
10:40~12:30 調理競技
12:30~13:20 審査
13:30~14:00 表彰式・閉会式

表彰:
優勝(1チーム):しんたまご一年分・ JAタウン利用ポイント50,000円
準優勝(1チーム):JAタウン利用ポイント30,000円
参加賞(全チーム): 森下仁丹製品セット、Meiji製品セット

また、各チームのレシピは、葉酸と母子の健康を考える会のホームページ等で紹介いたします。